Google広告

Google広告の平均クリック単価を下げるコツ!CPCの高騰を防ぐにはランクを上げるのが重要!

Google広告を運営していると、キーワードによっては「平均 CPC が高すぎて、目標 CPA を達成できる気がしない」、「入札単価が高くて費用対効果が見合わない」といった気を付けなければいけないポイントがいくつか出てきます。

 

その中でも、要注目項目といえば「CPC」ですよね。

 

CPCとは、クリック単価のことを指す用語ですが、せっかく広告を作成しても、お金がかかりすぎてしまってはその宣伝は無意味なものになってしまいます。

 

CPCが高くなると、当然CPAも高くなる傾向があり、費用対効果が見合わなくなってしまいます。

 

「クリック単価を下げたいけど、何をすればいいの?」、「今のクリック単価は平均と比べて高いの?低いの?」と、悩んでいるそんな方のために、今回この記事では、そんなCPCを下げるにはどうすればよいのか、その方法を事例などをいれながら詳しく解説していきたいと思います。

 

広告費が高騰してしまって、広告運営に悩んでいるという方に向けて役立ちますように、なるべく内容を分かりやすく紹介していくので必見です。

Google広告の広告ランクの仕組みとは?

Google広告では、ユーザーが検索したときにどの広告をどこに掲載するかをオークションによって決定します。

 

広告ランクとは、そのオークションごとで広告掲載の有無や掲載位置を決めるために使われる指標です。

 

また、広告がある特定の位置に掲載されるためには、広告ランクの最低基準を満たす必要があります。

 

したがって、広告ランクが低く、最低基準に満たない場合には広告が表示されません。

また、競合する広告がまったく無い場合でも、広告掲載に必要な最低基準は満たす必要があります。

広告ランクを構成する要素

広告ランクは、下記の4つの種類の要素によって算出されます。

  • 入札単価
  • 広告とランディングページの品質
  • 広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果
  •  ユーザーが検索に至った背景

    しかし、広告主はこれら一覧のように、すべての要素を制御できるわけではありません。

    それぞれの要素の詳細について、順に説明していきます。

    入札単価

    広告グループ、またはキーワードに設定されている入札単価です。

    入札単価を引き上げることで広告ランクが上がり、掲載位置が高くなる可能性があります。

     

    たとえば、入札単価が100円の広告と200円の広告を制作したのでは、200円の広告のほうが掲載順位が高くなる可能性が高いということになります。

    広告とランディングページの品質

    広告を記載しているそのリンク先のウェブサイトが、ユーザーにとってどれほど的確で有用であるかも判断基準となります。

     

    Google 広告で広告の品質がどのように評価されるかは、品質スコアでわかります。

    この要素は本エントリのテーマである平均 CPC の高騰を防ぐ鍵となります。

     

    Googleは、この要素の改善をして活用することを推奨していて、この要素を改善することで低い入札単価でも上げて高い順位に広告が掲載される可能性が高くなります。

    広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果

    入札単価と品質が同じであれば、広告表示オプションの効果が高いと見込まれる広告の方が上位に掲載されやすくなる特徴があります。

     

    入札単価と広告とランディングページの品質が一致している場合であれば、広告表示オプションの効果によって掲載順位が決まります。

    したがって、広告表示オプションはオプションの表示によって広告効果が高くなると判断された場合にのみ、広告ランクにプラスの良い影響を与えると考えられます。

    ユーザーが検索に至った背景

    広告オークションにおいて、コンテキストは重要な要素です。

     

    広告ランクを算出する際は、ユーザーが前に入力した検索語句、検索時のユーザーの所在地、使用端末(例: モバイル端末か PC か)、時刻、検索語句の性質、同じページに表示される他の広告や検索結果をはじめ、さまざまなユーザーシグナルや属性が考慮されます。

     

    この要素は、広告主による厳密な制御、効果検証をすることができません。

     

    Googleはアクセスして調べるユーザーにとって、それに関連する最適な検索結果、目的に合った広告が表示されるように設定されています。

     

    その最適な広告がどういったものなのかを判断するために、ユーザーの過去の検索結果のデータや検索に使用しているデバイスといったユーザーの属性を想定して、広告ランクの算出に利用していると考えられます。

    しかし、広告主は検索広告においてユーザーがwebサイトからどのように検索に至ったのかという背景や、同時に表示されている広告などを把握して、それを基準にしたターゲットはできません。

    実際、ユーザーのリスト等によって大まかなターゲットをすることは可能ですが、シグナルすべてに対応することは困難なので、この要素については、Googleがこれらの要素も広告ランクの算出に利用しているということだけ覚えてきましょう。

    平均クリック単価(CPC)の基礎知識?

    リスティング広告の機能の基本である、クリック単価について正しく理解していますか?

     

    クリック単価自体は単純な指標となっているのですが、その決まり方は意外と複雑で悩みもあるかと思います。

     

    リスティング広告で「クリック単価」という場合は、CPC「cost」「per」「click」の頭文字を取って「CPC」となっています。

     

    つまり、クリック1回あたりの金額を示す言葉です。

    「広告費÷その広告で獲得したクリック数」で計算されます。

     

    この数字はクリック数の参考にもなるため、広告運営を分析していくうえでとても重要な指標になっているので始める前に確認するようにしましょう。

     

    また、リスティング広告において費用対効果を決定する重要な指標です。

     

    クリック単価 =「広告で人をサイトに流入させる単価」なので、クリック単価が低いほど広告の費用対効果がアップします。

     

    CPCは、運営者の努力次第で上にも下にもいかようにも変えることができます。

    CPCってだいたいどれくらい?

    この価格が高騰すると、せっかくユーザーがクリックして商品を購入したとしても、そこにたどり着くまでに経費がかさんでしまって利益が出ない、ということになってしまうため、CPCの数値は基本、可能な限り下げた方がよいと言われています。

     

    CPCの価格は、広告の登録してあるキーワードや広告配信の設定条件により様々なので、一概に「〇〇円が基準」という基準価格があるわけではありません。

     

    ただ、一般的には、条件を狭く限定した場合はCPCが高騰する傾向にあります。

     

    流行りのキーワード(求人系など)をふんだんに使った広告や、専門的な広告にすればするほどCPCは上昇していくという傾向にあります。

     

    最近では「薬剤師 求人」のキーワード単価が高騰しています。

    Google広告でCPCが高騰する原因

    広告ランクは、上記で説明した要素のそれぞれの評価を考慮して算出されます。

     

    つまり、平均CPCが高くなっているということは広告ランクの内訳において、入札単価の貢献度が高すぎる可能性があります。

     

    そのため、平均CPCを下げつつ広告を掲載するためには、ただ入札単価を引き下げるのではなくて、広告ランクの他の要素の評価を上げる必要があります。

     

    入札単価の代わりに広告主が改善するべき要素が「広告とランディングページの品質」です。

    Google広告の広告品質の3大要素を改善しよう

    広告の品質は、ユーザーにとって質の高い広告が表示されるようにするため、Google広告において重要な指標としていて、この要素を重要視しています。

     

    広告の品質もいくつかの要素によって構成されていますが、なかでも重要な要素が3つあります。

     

    Googleは、広告の品質を構成する要素の中で、下記の3つを「広告品質の3大要素」としています。

    • 推定クリック率
    • 広告の関連性
    • ランディングページの利便性

    これらの要素を改善するにあたって、その方法に共通しているポイントが「関連性」です。

    ユーザーは、検索をする時に、何かの情報を頼りにして探すという行動をとります。

     

    その探すときに使用した検索語句に対して、適切な広告が表示されているかという検索語句と広告の関連性が1つのポイントになります。

     

    また、表示された広告文に惹かれたユーザーに対して、リンク先でユーザーの期待通りの情報を表示できているかどうかも重要です。

     

    検索語句と広告のクリエイティブ(広告文・ランディングページ)の関連性が高く、ユーザーにとって最適な広告が表示されるようにアカウントを設計する必要があります。

     

    広告品質の3大要素の評価は、ユーザーにとって最適な設計になっているのかを示す指標とも考えられます。

    Google広告の場合はCPCをどうやって下げるのか?

    では、そのCPCを下げるにはどうすればよいのでしょうか?

    一般的には、CPCを下げるのには、以下の方法が提案されています。

    1. 上限入札単価を下げる
    2. キーワードを変更する
    3. 品質スコアを上げる
    4. 広告表示のオプションを設定する
    5. コンテンツターゲティングを利用する

    この5方法です。

    では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ①上限入札単価を下げる

    手っ取り早くCPCの価格を下げたいときに有効な手段です。

     

    広告費の入札単価を広告設定の段階で下げておけば、それ以上の価格に値上がることはなくCPCを調整することができます。

    しかし、これには注意が必要で、あまり単価を下げすぎると掲載順位も下がってしまうという危険があります。

    広告費が下がっても、そもそも広告が掲載されなくなってしまっては意味がないので、入札単価を調整する場合は掲載に影響が出ない範囲で行いましょう。

    ②キーワードを変更する

    一般的に「ビッグワード」と呼ばれる検索に強いワードを広告に使うと、CPCは高くなると言われています。

     

    逆に「ミドルワード」「スモールワード」を使った広告はCPCが低くなると言われているので、キーワードをビッグワードからミドル、もしくはスモールワードに変更してみるのもよいでしょう。

     

    しかし、たとえスモールワードであっても人気が出てきてしまったワードになると途端にCPCは上がってくるので注意が必要です。

    人気のワードというものは時代の流れによって変わってくるため、こまめに情勢を見守っていく必要があります。

    ③品質スコアを上げる

    品質スコアとは、その広告に使われているキーワードや、飛んだ先のwebページ(ランディングページ)に対する評価のことです。

     

    審査対象である複数項目について、1~10までの数字で判断され、この数字が大きければ大きいほどよいスコアであるということになります。

     

    実は、この品質スコアを上げることが、CPCの減額にとても関係してくるので、少し説明していきましょう。

     

    広告作成における評価指標には、この品質スコアと別に、広告スコアというものが存在します。

     

    これは、【入札価格×品質スコア】で表わされ、このランクが高ければ高いほど広告の掲載順位が上位になっていきます。

     

    たとえば、入札価格が200円で品質スコアが5だった場合広告ランクは1000となりますが、同じ入札価格でも、品質スコアが10だった場合、広告ランクは2000となります。

     

    つまり、同じ入札価格でも品質スコアが高ければ、広告の掲載は多くなるということがお分かりいただけたでしょうか?

     

    そして、別の見方で見てみれば、この品質スコアが高ければ入札価格が低くても広告スコアを高くすることができる、ということになります。

     

    たとえば、入札価格100円で品質スコアが10のものと、入札価格200円で品質スコアが5のものとを比べてみましょう。100円×10(スコア)=200円×5(スコア)で、どちらも広告スコアは同じになります。

    つまり、少ない広告費でも、品質スコア次第では広告ランクを上げることができるのです。
    これが品質スコアがCPC減額に大きく関わってくるということなのです。

    ④広告表示オプションを設定する

    広告オプションとは、店舗への通話ボタンや住所情報を載せることができるオプションです。

     

    これを表示させておくとユーザーへの情報量が増えるため、クリック率が増えることが予想されます。

     

    一般的に、広告表示オプションを的確に利用すると、品質ランクをあげることができるのです。

    しかし、これを適応させるには広告ランクが一定ランク以上であること、このオプションを利用することで広告成果の向上が見込まれること、という条件があるため注意が必要です。

    また、広告表示オプションを使った場合、たとえばオプションにより表示した電話番号にクリックがあった場合、そのクリックにも費用がかかってきます。

     

    場合によっては、余計に料金が必要となってきてしまうこともあることを念頭においておきましょう。

    ⑤コンテンツターゲットを利用する

    コンテンツターゲットとは、指定したキーワードやトピックに関連性が高いと思われるサイトに広告を掲載するターゲティングシステムです。

     

    指定したキーワードを含む、もしくは類似したサイトに限定して広告を載せることができるのでクリック率を上げることができます。

     

    クリック率をあげることで、品質スコアもあげることができるので、結果としてCPCの減額が期待できます。

    注意事項

    CPCを安くするためのコツを挙げてきましたが、ただひたすらに安ければよいというわけではないので、そこだけは注意が必要です。

     

    というのも、CPCは入札制で、あまりに安いCPCの場合だと、価格が安すぎて他の競合広告に競り負けてしまい、広告枠を獲得できないという新たな問題が発生してしまうからです。

     

    CPCが安くても、広告数が減ってしまっては意味がありません。

     

    つまり、CPCが減額されても競合に負けない広告、つまり、注目度が低いキーワードやコンテンツに注目してライバルの少ないエリアで広告を出す必要があるのです。

     

    ただ安くすることばかりを考えるのではなく、安くしても他に負けない広告作りをすることを考えていきましょう。

    競合の少ない広告は、いつ競合が増えるか分からない環境にあるため、常に周りの動向を見守っておく必要があります。

    Google広告の平均クリック単価を下げるコツ!CPCの高騰を防ぐにはランクを上げるのが重要!まとめ

    広告を出稿して運営してビジネスをしていくうえで重要なCPCを下げるには、様々な種類の方法があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

     

    どんなことにもメリットとデメリットは付きものですが、CPCの相場を理解して、各メディアの状況を把握した上で、施策・検討していきましょう。

     

    その方法の中でも、最大ともいえる重要なポイントは広告の品質スコアをあげることです。

    広告を今一度見直し、品質スコアを上昇させることでCPCを下げていきましょう。

     

    少ない広告費でコンバージョン率をあげることができれば、それは理想の広告であると言えるでしょう。

    【無料】代理店任せにしないWeb広告の内製化マスター講座

    アドベート ADVATE インハウス化 広告運用
    • 自社でWEB広告を運用できるようにしたい
    • 代理店任せではなく社内にノウハウを溜めたい
    • WEB広告でより成果を出したい…

    このように考えている経営者・マーケティング・広告運用者の方へ!

    自社ノウハウを備蓄して、コストを削減しながらスピーディな広告運用が可能になるWEB広告インハウス化支援サービスに興味ありませんか?

    アドベートの実績
    • 自社でWEB広告運用ができるよう担当者育成を手掛ける、広告インハウス化を専門とするプロ集団
    • 現在、月の広告予算3万円~5000万円規模のクライアントを指導
    • 個人事業主から誰もがテレビCMで一度は見たことがあるような大手企業まで幅広く指導
    • クライアントの中には、WEB広告経験ゼロから半年後には月950万円の利益を出したり、複数の広告媒体から毎月安定的な集客ができる体制の構築に成功したり、代行手数料を数百万円削減できた企業などが多数

    自社に広告運用のプロを育成と代理店手数料の大幅カットが可能になり、素早い改善と柔軟なプロモーション環境が作れます。

    なぜ、自社でWEB広告を運用できる会社だけが生き残れるのか?

    簡単2分で、あなたのインハウス化おすすめ度をチェック!

    Web広告の内製化をマスターできるLINE講座とは?